スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

現実は・・・

随分、更新していませんでした。
その間、いろんなことが起こりました。
病気の進行、仕事、生活、いろんなものが混ざり合って暗い話題ばかりになってしまいそうで・・・
せっかく訪問して頂いても不安な思いをさせてしまいそうで・・・
しかしいろんな人のブログを拝見し、現実と向き合い懸命に生活している様子を綴っておられる方々から、たくさんのことを勉強させて貰いました。

現在は・・・
病気は再発していませんが、進行は止まりません。
左半身が痺れ、足を引きずり、カップラーメンの粉末スープを開けるのに悪戦苦闘します。
先日主治医に相談し、本日からリハビリに通うようになりました。
身体機能の状態を客観的に判断して欲しかったからです。
そして自分でできることを教えて貰いたかったからです。

結果は装具を付けることになりました・・・

疲れがたまってしまうので筋トレやストレッチではなかなか難しい・・・といった感じらしいです。
覚悟はしていたつもりですが・・・
現実は・・・

少しづつですが、再びブログ、綴っていきます・・・

スポンサーサイト

| 未分類 | コメント(0)

ジョブコーチ



【ジョブコーチ】とは
障害を抱えた方達が仕事につき、職場に定着出来るよう支援をしていく専門家だ。
その資格(正式には資格ではないらしいが・・・)を得るために1週間東京に行ってきた。
福祉施設の事業所の方や一般企業の人事の方など何等かの形で障害者に関わっている方々が集まり一同にセミナーを受ける。福祉施設の方は送り出す側として、一般企業の方は受け入れる側としてロールプレイを行ったり、講師の先生方が障害者役となって作業を教えたり、最終日には実際に障害者の働く会社に赴き仕事を見学したり体験したり、講義の内容は多義にわたる。

ここで私は偉大な2人の男と出会う。

Kさん・・・約20年前、私と同じ病気を抱え、右半身が不自由で杖をついている。3年前にようやく障害者の手帳が取れたらしい。一般企業で障害者のために働いている。 20年前この病気って・・・わけがわからなくて孤独だったに違いない。

Mさん・・・約20年前、脳梗塞により右半身が不自由となる。某有名百貨店にお勤めされ、障害者を受け入れ、障害者に出来る仕事を社内を駆け回って切り出し、障害者と共に働いている。最終日の会社実習もご一緒させていただき、ご自身の会社の環境と比較し熱心に勉強されていた。 20年前・・・働き盛りで家のローンが始まったばかりだったらしい。

私とは圧倒的に違う・・・
お二人とも不貞腐れていない・・・
健常者の中で生きること、それを当たり前のようにこなしている。
外に向かって、開いて、しっかりと生きている。
でも本当はこの20年、どんな思いだったのだろう・・・
Kさん、Mさんだけではないのかもしれない・・・
実はみんな何かを抱えていて、このセミナーに集まっているのかもしれない・・・

私はもう少し不貞腐れる。
納得できる説明があれば素直に認める。
でも原因不明の病気なんてどうやって認めればいい。
だから 抗う。
【反骨心】で 

| 現在 | コメント(4)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。